5/8米雇用統計での乱高下でドル円トラリピ高回転!

    応援お願しますm(_ _)m→
  • にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
  • br_c_2343_1
スポンサードリンク

専業としての事業法人設立で大変バタバタしており、更新が止まっていました汗

昨日のアメリカ雇用統計では

賃金上昇の兆しを感じられず、若干弱めの結果になっており、強い結果を予測していた参加者が多く、発表後のアクションはドル軟調になりました。

このところ何度もみた展開ですが、米雇用統計前はじりじりとドル円は上昇し、120.24円まで上昇しましたが、東京市場では既報の年金のドル買いも入っていた模様。

発表後、一度119.73円まで下落したあと、なぜか120.22円まで踏み上がったあと119.70円で推移していきました。

ちょうど羽田空港に到着するタイミングで、リアルタイムでチェックはできたのですが、ポジションの変更特にせずそのまま眺めていた状況でしたが、

特に今回のような昨年来続いているドル円の狭いレンジでの変動では特にトラリピが強力に稼いでくれました。直近での変動幅の狭さのなかでもリターンが最大になるように「逆指値」ではなく「指値(通常)」の設定に変更したのでガンガン利益を出してくれました。

usd3

 usd2usd1

安定高回転で利益を積み上げてくれるも、雇用統計発表時の乱高下ではどうしても価格が滑ってマイナス約定してしまうケースもあり得るようです。

ただ、ドル円口座に関しては5万円ほどしか入金していませんでしたが、XMのボーナスプログラムと合わせて証拠金を増強した上で、390ドルという元本相当額を本当に2週間くらいの短期間で稼いでくれました。

このようなレンジ相場にはとにかくトラリピは強く安定性が高いのだなという再認識でした。

一方でボラティリティーの上がっているドルスイスを現在は裁量トレード用でつかっていますが、これまた昨日の急変動で今まで下降一直線であったトレンドに上昇傾向の兆しがでてきています。やっと移動平均線付近まで急激に戻してきた状況なので、来週以降一回押したタイミングでロングエントリーをしていこうとおもっています。

こちらの通貨のボラティリティーは凄まじいため、トラリピではやる予定はありませんが裁量トレードにおいては非常に今面白いと思います。

ユーロも反騰してきていますが、ユロドルに関しては市場の予測は下向きなものの全く読めない展開が続いていますので当面は違う通貨でのトレードをしていこうと思っています。

chf1

chf2

スポンサードリンク

    応援お願しますm(_ _)m→
  • にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
  • br_c_2343_1

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ